読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Solution-創作ネタ置き場

個人サークル「Solution」としての音楽と、おまけの小説、あるいは創作全般のあれこれについて。雑談も多め。

【モバマス】第6回シンデレラガール総選挙 個人的総括

お疲れ様です。うらひと @Urahito です。
5/14、シンデレラガール総選挙の結果が発表されました。
それぞれ悲喜こもごもあるかとは思いますが、個人的な気持ちを書いておきます。

(※おことわり)
・結果発表は既に発表されていますので、皆さんご覧になっている前提で進めます。ご了承ください。
・書くべきことではないと承知の上で、あえて発表に関する不満点も挙げておりますので、その点ご理解のうえお読みください。

荒木比奈を応援して早5ヶ月、こういう結末になるとは思いもしませんでした。
中間発表全体4位(Co属性3位)。全体トップ10の後ろには、強豪Coアイドル達。
それを差し置いて、Coの上位二人は前評判もよく聞いていたので(※)もちろん納得したのですが、担当が予測していなかった全体4位。
(※というより担当の動向をまったく把握してなかったのもあるんですが)

他の同担Pの皆さんも中間発表の反応を見ると同じだったようでむしろ安心しましたが、前評判通りの上位2人を見て、残り1席をどう勝ち取るか、という緊迫した後半戦が始まったように思いました。
マストドンに入り浸っていた)5月中はともかく、4月中の宣伝活動には特に力を入れました。開始前日には誕生日もあったので動画を投稿し、そのために準備した文章などを投稿していきました。なので、やれるだけのことはやったつもりでいました。
もちろん、ただ担当だけを応援するだけでなく、熱いダイマ(=宣伝)にはリツイートで応え、色んなアイドルに興味を持っていたPとしては、(特に声がまだの子は)みんなで勝ち取ろう、というつもりでいました。

(すみません、ここから不満というか、愚痴になります。ただし、結果そのものには満足している旨、ご理解ください)
その中で、中間発表を待っていたとき、不安の残ることが起きました。
中間発表の直前のニコニコ生放送で、上位10人の発表があったのです。
仕事上がりしたばかりで完全に不意打ちで、(最終結果含め)もちろん良い結果だったので結果自体には不満はないのですが、こういう形でのサプライズというのは正直望んでいなかったというのが本音です。
それゆえ、シンデレラ5thツアー宮城公演2日目と重なる最終結果発表日にも、同じことが起きるのではと不安になりました。そんなことは流石にしないだろう、と言い聞かせて、後半戦に臨みました。

結論を言えば、結局公演での先行発表がありました。これだけはやめて欲しかったです。
せめて繰上げで同時発表であれば、こんな不満は書く必要はありませんでした。
なぜかと言うと、「喜ぶなら一緒に喜びたいし、中間発表を踏まえても『ライブのサプライズで知りたくなかった』というPもいただろうに」という思いがあったからです。
不意打ちを受けると、ライブ(公演)に行っていない自分にとっては、それが本当かどうか、というところから余計不安が増してしまうというのもありました。
本当か分からない情報(もちろんそんな嘘を書くPなんて普通いないでしょうけれど)でぬか喜びしたくなかったのです。そういう不安も含めて、ゲーム内での最終発表の時まで取っておきたかったのです。
不満点はただそれだけで、ライブで知ったPの皆さんが悪いなんて思いもしないのですが、ただ素直に喜べないところがあったのは事実です。

(愚痴は以上です)

そして最終結果の話。
ただただ良かったですし、その後他のPの皆さんからお話を聞いてみると、「支援投票があったんじゃないか」という嬉しい情報もありました。
初めての総選挙参加、初めての声がまだの担当、不安の中で闇雲にひた走りました。
中間発表での希望は、担当Pとしては本当に一筋の光で、同時に大きな不安でもありました。

理由は先ほども書いたとおり、上位二人の前評判が高いことを知っていたからです。
総選挙開始時点でその情報しかなかったので、少なくとも、

  • 属性上位3人がCD収録(ボイスまだの場合は声優がつくことが決定)
  • 同時に、全体5位以内でCD収録(上に同じ)

という条件に加え、前回全体21位という結果を踏まえると、「良くて全体10位前後、属性も3位には入れずとも5位前後」という可能性までは考えていました。

結果を見ていただければご理解いただけると思いますが、Co属性は全体トップ50の約半数を占めるほどの激戦区。それを知らなかったとしても前評判の高い同属性二人がいる。
なので、決して油断できるような状況ではありませんでした。でも、結果は。

  • 属性3位
  • 全体4位

それだけに今回の結果が涙が出るほど嬉しかったです。

と、ここまで結果に関して書いてきましたが、なぜここまで嬉しかったかという話を少しさせてください。

「小説」「音楽」というカテゴリーをこのブログに設けている通り、自分は広い意味での「創作」をやっています。
荒木比奈の「漫画」ももちろんその創作のうちであり、物語を描くという点において小説や音楽(歌詞)と共通点もあり、親近感を持っていました。
SSR実装でその思いも強くなり、そのとき、彼女の中に「物語」を見出したのです。
おぼろげながらも、彼女が歌うという「夢」に近い物語ではありましたが、その姿が見えたような気がしたのです。
流石に声までは聞こえませんでしたが、どんな歌を歌うだろう、と思いをはせました。

それは、きっとそれこそ、魔法をかけられたシンデレラの歌だろう、と。

今回の総選挙は、荒木比奈の次のページに一筆加えたかった、という思いがありました。
あとは、彼女自身がちゃんと描いていけるだろうと思いながら。
そんな想像をしながら、結果発表を迎えました。

改めて、ただただ嬉しいですし、その物語の先が続くと思うと、もう感無量の思いです。
そして、同じくボイス実装が確実となった、関ちゃん、肇ちゃん、柚ちゃんというまだ声のついていなかった彼女たちと、彼女たちの担当の皆様と、この喜びを分かち合いたいです。

同担Pの皆様、そして支援票を下さった皆様に感謝いたします。
まだまだ他にも応援したいアイドル達はいるのですが、まずは荒木比奈Pとして、御礼申し上げます。
ありがとうございました。